【フレンチバイオリン】H.Emile Blondelet by J.T.L

19世紀から20世紀初頭、フランスのミルクールで最大の弦楽器工房であるJerome Thiboville-LAMYによるバイオリン

とくにこの楽器には上質なニスが施されています

J.ティボーヴィルーラミーの1920年代当時のオーナーがEmile-Blondelet(エミール・ブロンドゥレ)でした。そして彼の息子のJean-Blondelet(ジャン・ブロンドゥレ)は、のちにフランスのクラリネットトップメーカーである、BUFFET CRAMPONビュッフェ・クランポン社のオーナーとなります

Jerome Thiboville-LAMY社がいかにフランスの楽器産業に貢献したかをはかり知ることができます

LABEL:H.EMILE BLONDELET
LUTHIER A PARIS
No.1** ANNEE 1922
LOB:358㎜

当社は世界でも数少ない、弦楽器専門店とともに管楽器専門店です
いずれの楽器業界にも深くかかわった、Blondeletの楽器を扱うことは光栄なことです

本体Emile Blondelet 1922500,000~800,000円

※表記の価格はすべて税抜き価格です。