チェロ

チェロはその人の声に近い落ち着いた音色の魅力で、老若男女さまざまな方に人気のある楽器です。
ゆっくり丁寧に指導いたしますので、初心者の方でもご安心ください。音色は好きだけど触ったことがない…という方でも弓の持ち方・姿勢など基礎からレッスンしていきます。レッスン時には教室備品の楽器をお使いいただけます。
教室の内容/曜日
チェロ
レッスン形態 個人レッスン 月2回×45分
月謝 初級9,500円(税抜)| 中級10,500円(税抜)| 上級12,000円(税抜)
… 教室備品がございますので、手ぶらでご受講いただけます。

※レッスン日程は月によって異なります。

講師紹介

藤原 士郎レッスン日:月・木・日曜日

東京都出身。大阪府立三国丘高校、京都府立大学文学部、大阪音楽大学音楽学部チェロ科卒。チェロを野村武二、黒沼俊夫、竹内良治、倉田澄子、野村朋亨、作曲を鈴木英明の各氏に師事。堺市新人演奏会出演。ヴィエール・フィルハーモニック(現関西フィル)、神戸女学院非常勤講師、大阪芸大オーケストラ客員等を経て、現在アサヒカルチャーチェロ講座講師、大阪府立高校特別講師(三国丘高校弦楽合奏団の指導にて大阪府より教育功労賞を授与)、国際楽器社、かがり音楽アカデミー・チェロ講師。アマチュアオーケストラ『桜フィル』にてベートーヴェン交響曲第5番を指揮。KISブラームストリオ、カルテット“レラーブル”など主催、いろはにギャラリーコンサート(2004年より恒例)、堺市21コンサート、いずみホール・ヴィヴァーチェコンサート、岸和田文化連合演奏会、紙芝居とチェロとピアノによる「セロ弾きのゴーシュ」など演劇とのコラボの他、室内楽、ソロで活躍中。ピアニスト西野久美子氏と大阪教育大学研究演奏会に出演、また今年(2016年)3月には元館長角山榮追悼記念としての第42回堺市博物館コンサートにご息女の同氏と出演。作曲作品として、歌曲、ピアノ、チェロ作品あり。

教室をのぞかれる方は大人の方が多いですね。私も遅くから(文学部の時)チェロを始めました。そのことをハンディーだと思いましたが、それだけいろいろなことを考え、いろいろなアプローチでチェロに近づいたことが演奏するということにも、「教える」ということに関しても、反対にいい結果を及ぼしているように思います。
少しずつでも練習して、少しずつでもいい演奏ができるようになれば、音楽はそれを為す方夫々にとって本当に楽しく豊かなものになりますね。
どうぞ、気後れすることなくチェロを、またさまざまな音楽を楽しんでください。無論、お子さんや、学生さん、音楽の道に進もうという方も、音楽することの楽しさを忘れずに、尚かつきちんとした技術を身につけて頑張って弾き続けていってくださればと願って指導に当たっています。

植木 美帆レッスン日:日曜日

大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学非常勤教育助手を経て、ミュンヘンに留学。巨匠 K・シュトゥルク氏のもと研鑽を積む。イタリア・クープラ音楽祭、ブダペスト・チャリティーコンサート等出演。韓国・光州では神戸市との文化交流推進におき「神戸ビエンナーレ」を代表し演奏を披露。個々にあった自然なフォームを提案し、チェロ本来の「音色」を導く独自のメソッドには定評がある。
執筆活動もしており、「関西ウーマン」(http://www.kansai-woman.net/)にて、コラム「心に響く本」を連載中。
大阪日独協会、兵庫・神戸CSの会、神戸音楽家協会、尼崎芸術文化協会、各会員。

チェロは最も人間の肉声に近い楽器、と言われています。正しく自然なフォームで音を出すと、心地のいい温かな音色に包まれるでしょう。座った姿勢で演奏するので無理がなく、子どもから大人まで何歳でもスタートできます。レッスンでは「分かりやすく、かつ楽しく!」をモットーに指導いたします。チェロを学びながらヨーロッパの文化に触れ、豊かな時間をご一緒しましょう!
入会のお申込みに関するお問い合わせ
TEL.06-6252-0222

経験豊富な講師陣による全13種類のコース

幅広い演奏活動で活躍中の講師や指導歴の長いベテラン講師も多数在籍。趣味で音楽を楽しみたい方、確実に技術を身につけたい方、生徒さま一人ひとりの目的に合わせたレッスンをご提案いたします。まずはレッスンについてのご希望をご相談ください。