Franz SANDNER ドイツ製バイオリンのご紹介

1924年創業の弦楽器メーカーFranz SANDNER(フランツ・ザンドナー)。チェコのシェーンバッハで創業し、戦後フランクフルト近郊のNauheim(ナウハイム)に移住。現在は3代目にあたるDietmar Schuhが監督指揮しています。

ドイツ伝統のギルドスタイルの製作技法を現在まで継承。品番ごとに細かにスペックを指示しており、1ブランドで様々な音色のキャラクターを持っているのがFranz Sandnerの特徴のひとつ。明快な価格設定も好印象。90周年アニバーサリーモデルの”Jubilee”と”Francesca”は普及価格帯でありながらCertificate(鑑定書)を発行。

 

#大阪#弦楽器工房#国際楽器社#ドイツ製#Franz Sandner#バイオリン

※表記の価格はすべて税抜き価格です。
※各モデルごとに個性がありますので店頭でおたしかめください