Karl HOFNER (カールヘフナー)のご紹介

Karl HOFNER

カールヘフナーは

ドイツ最大の弦楽器製作メーカーです

* * * * * * * * *

カール・ヘフナーはAnton Schallerに弟子入りし、1887年9月8日にヴァイオリンを販売したことがスタート

1948年まではチェコのシェーンバッハで製作していました

以後は西ドイツのBubenreuth(ブーベンロイト)に移り、現在まで高品質の工房製弦楽器を製作しています

* * * * * * * * *

いまドイツで活躍するメーカーたちであるR.Schnabl, K.Clement, H.Weise, L.SemmlingerはこのHofnerで楽器製作を学びました

日本で最も知られたドイツ製ヴァイオンメーカーではないでしょうか?

ふくらみを抑えたアーチが特徴

1990年に弓メーカーのR.Paesold(ペゾルト)とグループとなりそれぞれのブランドで世界に紹介されています

* * * * * * * * *

国際楽器社では”ジャーマンバイオリンのベンチマーク”と位置付け、Karl HOFNER入門用モデルを幅広くストックしています

※表記の価格はすべて税抜き価格です。