【ヴァイオリン】Mathias Ostler made for GEWA Mittenwald 1982

ドイツの弦楽器専門商社GEWA社が地元ミッテンヴァルトの職人に依頼し1982年に製作したヴァイオリンです

現在GEWA社は旧東独のADOLFアドルフに戻っています。MITTENNWALDの旧社屋にしばらく保管されていたものを弊社が御縁あってラベルなしのGEWAの楽器として譲っていただきました

しかし・・・

表板のクラックを修理するために表板をオープンしたところに製作者のラベルを表板の内部を発見!

作者本人の焼印まで捺してありました

弊社で本来の位置に貼りなおしています

1980年代、ドイツのヴァイオリンは作れば売れる時代だったのでネックのプロジェクションが甘かったり、内部の削りが荒い作風の楽器が多いなか

このヴァイオリンは非常に丁寧な作り

歴史的に見ても興味深い楽器です

LABEL
Mathias Ostler
GEIGENBAUER
Mittenwald 1982
HS Nr.328

Stamp inside top(Maker’s)
Stamp endpin rib(DW GEWA)

本体VIOLIN Mathias Ostler, Made for GEWA 1982700,000円

※表記の価格はすべて税抜き価格です。