管楽器Topics

2018春ヨーロッパ出張レポート【管楽器・フランクフルト編】

FRANKFURT MUSIKMESSE18フランクフルトムジークメッセ18はすべての楽器の展示会です

管楽器など会場で気になったモノをザーッと紹介していきましょう!


ドイツにきていきなり?ですが、ヤマハのブースへ。

ほとんどのモノは日本で手に入るのですが、ヨーロッパ市場向けのモデルなどの展示もあったりします

トロンボーンもいろいろなF管のデザインが一堂に見れます

【新しいマウスピースを発見】
オーストリア・ウィーンの奏者が開発したクラリネットブランド マックストーンMAXTONE

フランス管用のボア径のマウスピースを吹きましたが、なんとドイツ管向けのポコポコした音色になります

試奏用の楽器は、UEBELユーベル!

これは新しい流れですね、面白い

そろそろ日本にも上陸とのことで、勢力図が変わりそうな予感です

【Silverstein シルバースタイン】

NASAでも使っている特殊な繊維で・・・とここ数年で一気に普及しました

もう、ワールドワイドなブランドになりましたね

このあとイタリアのヴェネツィアにも足を延ばしたのですが、そこの奏者も【シルバースタイン】のリガチャーでした

これってすごくないですか???(画像左下に注目!)

セルマー=コーングループや、ビュッフェクランポングループは出展していなかったので寂しさはありますが、ヨーロッパの中小工房が注目され始めており、また新しい流れになってきそうです

管楽器修理工具屋さんのブース

* * * * * * * * *

管楽器以外にもたくさん出展しているんですよ

【楽譜はダウンロードする時代がすぐそこに!】


もとSONYソニーのメンバーが作り上げたプロジェクトで、キンドルみたいな書籍リーダーを進めるプロジェクトが密かに進んでいるんです。

楽譜って無限にタイトルがあって、取り寄せにとってもお金がかかります。アマゾンを超えて楽譜をダウンロードしちゃおうという考え。日本でも紹介され始めていますが本体のお値段がまあまあ高いので悩みどころですね


ギターは歴代の名器を博物館風に展示

ギターは主要メーカーのFENDER GIBSON MARTINが数年前から出展してません

それにつられてドラム関係・PA関係も一気に出展数が減っています

* * * * * * * * *

どうでしたか?

中国上海での見本市に規模を追い越されたフランクフルトMUSIKMESSEではありますが、情報発信のスタート地点という地位は揺るぎません

歩いているだけでトップメーカーの社長さんにご挨拶できていろいろ勉強になります!

さあ、
ビールも飲んだしイタリアに向かいます!

クラリネット

 Buffet Crampon 【Bass Clarinet】Tosca

B♭クラリネット、Aクラリネット、E♭クラリネットともに評価の高い、”Tosca”シリーズ。

Toscaの開発コンセプトにもとづいた新しい内径により、芯のある響きと光彩を放つ音色がBassクラリネットでも実現しました。

また、人間工学に基づいて考えぬかれたキィ・アクションによって、どのようなレパートリーでもイメージ通り自由に演奏することが可能です。

多くのプロプレイヤーに使用されており、個人でBassクラリネットのご購入を考えられている方には、是非吹いていただきたい1本。

とくにレジスターkeyを押してからの高音の安定感はバツグンとのこと!

Prestige、セルマーPrivilegeとの比較もおすすめ!

付属品 ケース/マウスピース/リガチャー&キャップ/コルクグリス/リード/ドライバー/スワブ/クロス/ストラップ
保証期間について ーご購入いただいた楽器は6年間の保証修理ー
当社でご購入いただいた管楽器は、1年間の無料修理・2年目より5年間は割引修理価格でご利用いただけます。

故障の原因が下記に該当する場合は保証期間中でも有償となります。
●ご使用方法の誤りや保存上の不注意による故障
●弊社以外の手によって修理、改造された部分の故障、及びその修理、改造が不適当であったために生じた事故

木管楽器

Pearl 【Presto】PF-505E

必要最低限の機能は備えている最も低価格帯のモデル。

素材に銀がつかわれていないため価格も抑えられています。

小学生など初めてフルートに触れる方や、気軽にフルートを楽しみたいという方におすすめ。


フルートは一般的に1本すべてが銀でできているもの(総銀製)が基本となりますが、すべて銀で作られるフルートはとても高価になるため、部分的に銀を使うモデル(管体銀、頭部管銀、リッププレート銀など)が初級中級モデルとして使われています。
一般的にフルートには構造上出しにくい音(第3オクターブのミ)がありますが、Eメカはそれを出しやすくします。
初級者向けの楽器にはほとんどが標準装備されています。

仕様 洋銀製
Eメカ標準装備
カバードキィ(オフセット)
ポイントアーム
付属品 ケース 、クリーニングロッド、 ガーゼ、クロス、クリーニングペーパー
保証期間について 当社でご購入いただいた管楽器は、1年間の無料修理・2年目より5年間は割引修理価格でご利用いただけます。

故障の原因が下記に該当する場合は保証期間中でも有償となります。
●ご使用方法の誤りや保存上の不注意による故障
●弊社以外の手によって修理、改造された部分の故障、及びその修理、改造が不適当であったために生じた事故

金管楽器

トランペット入門編~吹奏楽新入部員向けおすすめ楽器~

ここではこれからトランペットを始めようかな、という方や吹奏楽部でトランペットを吹く事になった新入部員へ、楽器の事やおすすめの楽器をまとめてあります。

 

【トランペットってどんな楽器?】

吹奏楽でメロディを担当することも多い花形のパート。唇を震わせて音を出し、大きな音が出せます。

主流の機種としては、材質がイエローブラスとゴールドブラスの2種類、仕上げが金色(ラッカー仕上げ)と銀色(銀メッキ仕上げ)の2種類になるので、組み合わせると4通りあります。

現在、中高生の吹奏楽では、材質は好みで選ばれることが多く、仕上げは銀メッキの楽器が主流になります。

メーカーも機種も他の楽器に比べても沢山ありますが、ヤマハ、バックが2大メーカーになります。

 

【どのくらいの楽器を持てばいいの?】

楽器と仲良くなるためにまずは1本!<エントリーモデル>

予算を抑えたモデルで楽器を続けていくと買い替える方も多いクラス。

音程もとれて合奏に耐えうるという点でヤマハがおすすめ。

定価~15万

一例:ヤマハYTR-3335S  YTR-4335GSⅡ

 

中高6年間本気で打ち込みたい!大人の初心者の方はこちら<スチューデントモデル>

学生向けのモデルで、吹奏楽部の中高生に人気の価格帯。

定価15~25万

一例:ヤマハYTR-850GS B&S TP37SP

 

大人になってもずっと続けたい!楽器を長く続けるならこちら<スタンダードモデル>

各メーカーがスタンダードとして作られており、長年愛用される方も多く、学生から大人まで使用。

定価30万~

一例:ヤマハYTR-8335GS バック180ML SP 180MLGBSP

 

当店では上記の一例以外にもたくさんのモデルを取り揃えております。

トランペット購入を検討されている方や気になる方は、ぜひ一度お電話やメールでご相談くださいませ。

カタログや資料の郵送も行っております。

国際楽器社 管楽器フロア

TEL 06-6252-0222

Mail  wind@kokusaigakkisha.com