社長の(出張)日記:オンライン仕入?でドイツから楽器が入荷するまで

国際楽器社の松永です

たま~に気が向けばヨーロッパ出張の事を書いております…

 

2020年はコロナの影響で2月の出張をさいごに

3月から海外出張は全面的に自粛しております

世の中、大変なことになりましたね

(今回はすこし長文です)

【4月から6月の国際楽器社】

当社でも

4月・5月は緊急事態宣言を受け

弊社は1フロアにつき1名のスタッフの体制で営業しておりました

 

学校もクローズで部活はストップ

コンサートも延期や中止で音楽産業すべてが大ダメージ

国際楽器社は”人と人のつながり”で商売してきたので、すべてが否定されるような思い

なかなか大変でした・・・

 

しかし6月にはいり、様子が変わります

緊急事態宣言が解除され、しっかり配慮しながらの経済活動の再開

4月5月は完全にストップしていた大阪市内の小売業は徐々に活気を取り戻します

 

楽器屋さんってどうなるの?と大変心配していましたが

クレジットカードの5%還元の駆け込み需要もあり

結果的に6月は幅広い価格帯で多くの楽器・弓をお求め頂きました

増税前の駆け込みよりも勢いはあったように思います

きっと自粛疲れ的なものや、ネットショッピングに飽きてリアルショッピングを楽しみたい方も多かったのでしょうか?

 

ということで

おかげさまで商売は持ち直してきております

長く商売をやっていると、いろいろ助けてもらえるんだなーと感じます

 

楽器を皆さんに紹介できることは大変ありがたいのですが

ひとつ大きな問題が浮上してきました

”楽器が売り切れちゃうかも?問題”

です

*夏の需要を全く予想していなかった

*売れなかったらどうしようという不安

*2月から直輸入をストップしている

*輸入品って空輸でも店頭に並ぶまで3週間から1か月かかる

 

”例年”ということばがあります

春には入門用バイオリン100本くらい、夏前後はコンクールを目指す方の買換えなどある程度”例年なら、という見込み”が立ちます

しかし今年は

いつ・誰が来店されるのか?まったく予測がつかないのです

 

信頼を維持するには

”お客様に期待を裏切らない品揃え”

は欠かせません

ということで

いままでにない方法で楽器を調達する必要性がでてきました

 

 

【友人からのメッセージが届いた】

そもそも

私どもが扱うオールド・ヴィンテージ楽器というのは

マグロのセリみたいに”見て選ぶ”が基本です

経年変化で修理・修復が必要なことも出ますし、

いくら古い楽器だからといってコストを掛けても

”まったく良くならない”

こともあります

 

困ったなー!

 

あれこれ考えていたところに

友人で弦楽器製作家の

ライナー・レオンハルトさんからメールがきました

 

~”最近どうしてる?

ドイツも休業命令が出て弟子たちを休業させています

KANは直前まで来てくれる予定だったけど、この状況だから仕方ないですよね

お互い経営者同士頑張りましょう、落ち着いたらまた会いたいですね”~

みたいなメッセージが届きました

 

この方がレオンハルトさん

(Mittenwaldのカールヴェンデル山頂でのショット)

 

 

コロナは全世界の経済をストップさせています

いつもなら

アメリカが景気が悪くても日本が助けますよ!的な

楽器ディーラー同士の助け合いができるのですが、

今回はそういうわけにもいかない

我が社も”すべてのお取引先にええ格好”できればよいのですが

景気の先行きもわからないし、

銀行のおカネはどんどん消えていくし…

 

いろいろ考えましたが

”よし、レオンハルトさんやったら信頼できるし、楽器を選んで送ってもらおう!”

と、決心しました

 

【ホームページからざっくり選定】

レオンハルトのホームページから気になる楽器をリストアップして、メールします

~楽器の画像だけ見てもわかるのか?~

もちろんそれだけではわかりません

 

でも、

過去に紹介・販売させていただいた楽器のテイストを記憶していると

マグロはマグロ、イワシはイワシ

といった感じで銘柄と年代が分かれば大体の音色のイメージが掴めます

 

ある程度の楽器を絞って、私が興味を持っている楽器を伝えます

折り返し

サイズ・コンディションとお値段などの情報をレオンハルトさんに送ってもらいます

 

ここで大事なことは

買う気がないのに値段だけを聞くのはマナー違反

ということです

あまり駆引きをしないのも私の流儀です

 

今までの経験でお行儀よくしていると

奥のほうから”お宝”を出してきてくれることもありましたし

”これは持っておいたほうが良い”と奨められればなるべく買ってきました

膨大なストックから良いものを紹介してもらおうとするんだったら、まずは相手との信頼関係だと私は思っています

さあ、

膨大な彼のコレクションの中から10本までに絞ったうえで

”この楽器の動画を送ってください”

とお願いします

 

ある程度動画を録画したうえで

2日後にオンライン選定会をすることになりました

 

【オンライン動画選定】

動画を送ってくれました

鳥のさえずりが結構入って、まあまあうるさい?(笑)

 

気になった楽器で一曲弾いてもらったりしました

 

どの楽器もイメージ通りの音色だったので一安心

あとは財布の加減も気にしながら・・・

 

小売価格1000万円超の仕入れすることしました

自分で選んだのか?レオンハルトのお奨めを頂戴したのか?ようわかりませんが、選定を終えてとても心が晴れやかです

 

オールド楽器は鑑定書を作成してもらい

彼の新作楽器もバッチリセットアップしてもらい

海外送金をして入荷を待ちます

 

梱包して10日くらい、空輸で無事お店に届けられました

 

 

【選んだ楽器が入荷してきました】

チェロ4本を一つの段ボールにまとめて送ってきました!

オールドのチェロ

 

【仕入れてよかった】

いろいろ心配もしていましたが

結果的に良いものをお届けしてもらいました

古い楽器の修復も完璧で

むしろ修理技術の勉強代がタダになったと思うくらい、とてもラッキーな体験

 

楽器たちはお盆明けから店頭に並んでいます

どの楽器も順調に”嫁入り”していきます

弦楽器・本体リスト

 

 

もうドイツに行って選ばなくてもよくなりました?

・・・うーんそれは困る!

世界情勢が落ち着いたら、ビールを飲みながらレオンハルトとお話ししようと思います

文:松永