クラリネット入門編~吹奏楽新入部員向けおすすめ楽器~

ここではクラリネットって?買うならどんな楽器を持てばいいの?という疑問にお答えするため、国際楽器社おすすめの楽器たちをご紹介します。

 

【クラリネットってどんな楽器?】

暖かい音色を持つ楽器で、吹奏楽では最も人数が多くメロディから伴奏まで幅広く活躍します。

材質としては一般的に木製(グラナディラ)が基本となります。

樹脂(プラスチック)で作られた楽器もありますが、小学生向けや学校備品として使われることが多いので、今回は個人で持つことが多い木製クラリネットのみご紹介となります。

メーカーはクランポンとセルマー(フランス)、ヤマハ(日本)の三社がシェア90%以上をほこります。

マウスピースやリード、リガチャーと付属品が多く、仕掛けを変えて吹奏感を変えることが出来るのも特徴です。吹くときに口に入る部分なのでこの3点だけでも自分の物を持つことをお勧めします。

 

【どのくらいの楽器を持てばいいの?】

  楽器と仲良くなるためにまずは1本! <エントリーモデル> 

最低限の機能を持たせつつ予算を抑えたモデル。楽器を数年続けると買い替える方が多いクラス。

定価15~25万

一例:ヤマハYCL-450  YCL-650 クランポンE-12F ユーベル Classic

 

中高6年間本気で打ち込みたい! 大人の初心者の方はこちら<スチューデントモデル> 

学生向けのモデルで、ある程度の音色が出せるため吹奏楽部の中高生に人気のクラス。大人の初心者にもおすすめしています。

定価25~35万

一例:クランポン E-13  ヤマハ YCL-851Ⅱ(CX)  853Ⅱ(SE)  セルマー Prologue

 

大人になってもずっと続けたい!楽器を長く続けるならこちら <スタンダードモデル>

各メーカーのスタンダードとして作られており、長年愛用される方も多く、学生から大人まで使用。

定価40万~

一例:クランポン R-13  RC  セルマー Presence  ヤマハ SEVMaster

 

当店では上記の一例以外にもたくさんのモデルを取り揃えております。

クラリネット購入を検討されている方や気になる方は、ぜひ一度お電話やメールでご相談くださいませ。

カタログや資料の郵送も行っております。

国際楽器社 管楽器フロア

TEL 06-6252-0222

Mail  wind@kokusaigakkisha.com