フルート入門編~吹奏楽新入部員向けおすすめ楽器~

ここではこれからフルートを始めようかな、という方や吹奏楽部でフルートを吹く事になった新入部員へ、楽器の事やおすすめの楽器をまとめてあります。

 

【フルートってどんな楽器?】 

フルートは1本すべてが銀でできているもの(総銀製)がスタンダードとなりますが、すべて銀で作られるフルートはとても高価なため(50万~)、部分的に銀を使うモデル(管体銀、頭部管銀など)が初級中級モデルとして人気があります。

また、楽器にEメカニズムという機構があり、構造上出しにくい音(第3オクターブのミ)を出しやすくするために付けられます。メーカーや機種によってはオプションとなりますが、初級者向けの楽器にはほとんどが標準装備されています。

キイは押さえるところがふさがっているカバードキイと穴の空いているリングキイの2タイプがありますが、初級者は押さえやすいカバードにされる方が一般的です。

メーカーは世界中にたくさんありますが、スチューデントモデルからプロモデルまで幅広くそろう日本のメーカー(ヤマハ、パール、ムラマツ、サンキョウ、アルタス等)を当店ではおすすめしています。

 

【どのくらいの楽器を持てばいいの?】

世の中には5万円以下の安いフルートも発売されていますが、楽器の耐久性や音程の面でおすすめしていません。

 

楽器と仲良くなるためにまずは1本! <エントリーモデル>

定価7~20万程度

洋銀製やリッププレート銀製のモデル。最低限の機能を持たせつつ予算を抑えたモデルで、メーカーはパールかヤマハがおすすめ。楽器を数年続けると買い替える方が多いクラス。

一例:パールPF-505E 665E  ヤマハYFL-312

 

中高6年間本気で打ち込みたい! 大人の初心者の方はこちら <スチューデントモデル>

定価20~30万程度

頭部管銀製や管体銀製のモデル。音色の面でも助けてくれるクラスになるので、中高生やこれから楽器を始める大人の方にも人気です。

メーカーや機種のバリエーションが増えてくるのもこのクラスになります。

一例:パールF-DP/E  F-ED925/E  ムラマツEX-CCE

 

大人になってもずっと続けたい! 楽器を長く続けるならこちら <スタンダードモデル>

定価40万~

各メーカーのスタンダードとして作られており、長年愛用される方も多く、学生から大人まで使用。

一例:パールF-CD925E  ムラマツGX-CCE ヤマハYFL-717

 

もちろんさらに上のクラスの楽器もたくさんあり、金やプラチナでも作られるので、数百万円するような楽器もあります。

しかし、予算に余裕がある方でも初めは総銀クラスまでの楽器で、慣れてうまくなってからそのクラスに買い替える事をおすすめします。

 

当店では上記の一例以外にもたくさんのモデルを取り揃えております。

フルート購入を検討されている方や気になる方は、ぜひ一度お電話やメールでご相談くださいませ。

カタログや資料の郵送も行っております。

国際楽器社 管楽器フロア

TEL 06-6252-0222

Mail  wind@kokusaigakkisha.com